住まい

みんなで大家さんになれる夢のようなプラン【損はしない安定した収益がもらえる嬉しさ】

不動産投資の見通し

笑顔の女性

不動産投資の今後

不動産を取得あるいは元々持っているところを貸して、賃貸収入を得ることで副業収入にしている人が少なくありません。元々不動産を所有する人の場合も同様です。ただし、今後日本では急速な少子化と高齢化が進みますので、人口減少は避けられない状態になっています。人がいなければいくら不動産を持っていたところで、貸しようがありません。したがって、賃貸収入が厳しくなることは避けられない情勢です。もし、これから不動産収入を得ようと思う場合には、よほど慎重に行動をしなければなりません。賃貸で借りてくれる人がいなくなるわけですから、不動産関係の維持関係の支出だけがかさむという事態も起こりえることをよく知っておく必要があると言えます。

不動産相場の確認は大事

その地域での不動産の家賃相場は近隣と比較して高いのか低いのかをよく考えることが求められます。家賃相場についてはインターネットの普及で事前にその地域の家賃相場を確認してから、申し込みに来るケースが圧倒的に多いわけですから、いくら貸したいからといって家賃相場を無理に設定すると、誰も借りてくれない可能性が生じます。不動産についてその地域一帯での家賃相場がどうなっているのかをよく考えることが求められます。借りてくれなければ管理費用の支出だけがかさみます。3ヶ月も借りてくれなければ、赤字でしょう。むしろ家賃相場を知ってその価格よりも少し低めに設定することで、不動産を借りてもらうことを考えた方が無難です。