住まい

みんなで大家さんになれる夢のようなプラン【損はしない安定した収益がもらえる嬉しさ】

家賃収入の強い味方とは

お金

考えられる動き

家賃収入を安定して得られるかということで、不動産経営の安定度は変わってきます。空き部屋となれば家賃収入を得ることができなくなります。その結果、ローン返済を賄うことができずに負担が増えることになります。そこで役に立つのが家賃保証です。これは管理会社が提供するサービスで、賃借人がついてもつかなくても、一定の収入を保証するというものです。賃借人がついても相場より安い収入しか得られないものですが、万が一借り手がつかなくても必ず収入を得ることができます。安心して不動産経営を行えることができるものとして需要が多いものです。不動産市場の回復に伴って、今後はさらに家賃保証を利用するケースは増えてくるものと予測されます。

注意の払いどころ

家賃保証を利用するのには条件があります。まずは管理会社による調査があり、賃貸需要において問題が無いかどうかをチェックされることになります。つまり、物件選びを行う上で、賃貸需要は大切なポイントとなります。その上で、たとえ借り手がつかないとしても安心できるように家賃保証を利用することになります。もうひとつ注意が必要なこととして、相場の家賃収入よりも1割から2割ほど少ない収入となることが挙げられます。それで賄えるようなローン返済の計画を立てることが必要となります。もちろん、当初の数年間だけ金利が低いローンは避ける方が無難です。不動産投資で大切なことは、安定した資金計画を心掛けるということになります。